読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の愛し方

いわゆる自己啓発の類が得意ではありません。

仕事関係の方々から自己啓発系の本をお勧めされたり、いただいたり、あとは参加している研修の兼ね合いで絶対に読まなきゃいけなかったりするので、量はたくさん読んでる方だと思うんですけど、すごく勉強になることがある一方で、腑に落ちないことも多々あります。

成功者が書いた本に「こう生きろ」「こう考えろ」「○○歳までにこれやれ」「掃除しろ」と言われても「知らんがな」というのが正直な感想です。

素直じゃない性格だからでしょうか。

 

そういえば、元陸上選手の為末大さんは

「成功者の言葉しか世の中には残らないから「やればできる」が格言になる」と言いました。

為末さんの言うとおりです。

だって、どうしようもないことって沢山あるじゃないですか。

僕たちが何か新しいことにチャレンジしようとすると、たとえばお金とか、時間とか、覚悟とか、きっかけとか、いつも何かが少しずつ足りなくて。

でも、それでも夢を見ていた日々とか、何かを成し遂げるために努力した日々こそが財産なのです。たとえ夢は叶わなかったとしても。

 

 

先日、僕は半年かけて進めていたコンペで他社に負けました。

残務処理で今日は祝日ですがオフィスでこんな時間まで働いていました。ゴールデンウィークも仕事で半分無くなりました。

目標は達成できませんでしたが、立派な経験値を手に入れたと思っています。

このままいくと僕はいつか成功者となり「○○歳までこれやっとけ!」みたいな本を出せるくらいになれると思います。

 

  

(?)

 

 

前置きが長くなりましたが、そんな自己啓発苦手な僕が最近すごく(なるほどね言うとおりだね目からウロコだね)と感じた文章があります。

 

 

ボブマーリーの言葉です。

f:id:ui0723:20150424192937j:plain

(笑顔がステキ!)

僕はレゲエをあまり聴かないのでボブマーリーは「レゲエのすごい人」という認識しかありません。でも、先日、友達がジャマイカに旅行に行き、おみやげにコーヒー豆をリクエストしたんですけど、その包み紙に書いてあったボブマーリーの言葉が素晴らしすぎました。

 

それは「女の愛し方」という愛の言葉(というより文章ですね)なんですけど、その名のとおり男はいかにして女を愛せばいいのかが綴られています。

それが、なんかすごくいいこと言ってるんですよ。

心に刺さるんですよね。

 

原文(英語)はココの「You may not be her first…」から始まる言葉です。

↓英語堪能な友達と一所懸命僕なりに訳しました

 

君は彼女にとって最初の男でも、最後の男でもない。

ましてや、唯一の男でもないのかもしれない。

彼女は何度も繰り返し恋をするからね。

でも、今、彼女は君を愛している。

それなのに君は何が問題だって言うんだい?

 

彼女は完璧じゃない。君だって完璧じゃない。

だから、どんなに時間が経っても完璧な二人になんかなれやしない。

でも、彼女が君の事ことを笑わせてくれたり、物事をよく考えるきっかけになってくれていて、たとえば君が一人の人間として時に間違いを犯すことも許してくれるなら、君は彼女を離さず、君がしてあげられることをしてあげよう。

 

彼女は一日中君のことを考えているわけじゃないけど、君に大切なものを差し出してくれる。それは君に簡単に壊されてしまうかもしれない彼女の「心」だ。

だから彼女を傷つけてはいけない。

彼女のことを変えようとしてはいけない。分析もしてはいけない。

彼女が君に差し出してくれる以上のものを望んではいけない。

 

彼女が君を幸せにしてくれたのなら素直に笑おう。

彼女が君を怒らせてしまったのなら正直に伝えよう、彼女がいなくなったら寂しいということを。 

 

女は男の浮気を許し、男は女の浮気を許せない傾向があると言われいます。

確かに周囲を見ても、男のほうが浮気しやすいくせに独占欲は強いと思うことがあります。

どうやら女性よりも、僕たち男性のほうがずいぶん女々しいようです。

決して女性の浮気を許せと言っているわけではありません。

僕たちは、僕たちがしてあげられること以上のものを女性に求めているのではないでしょうか。

彼女自身も、彼女の人生さえもできれば自分ひとりで独占できたらいい、と。

時には腕力に物を言わせて。

 

 

アンフェアです。

 

 

最近(ようやく)買ったボブマーリーのアルバムに「ONE LOVE」という曲が入っていました。

 

世界には悲しみがあふれているけど、たったひとつの愛、たったひとつの心を、大切にしよう。という意味の歌だと僕は受け止めました。

 

奥さんがいる人、彼女がいる人はもちろん。

片思い中の人、今は恋をしていない人も。

ボブマーリーの言うように、たったひとりの女性を、たったひとつの愛を、たったひとつの心を、フェアに、愛しましょう。

 

 

 

 

7名の女性と11人も子供を作ったボブマーリーの言うことなら間違いありませんから。

 

 

 

ありがとうございました

 

おしまい