読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満たされないまま引きずり回して歩け

先日、友人からLINEです。

f:id:ui0723:20160127191037j:plain

 ※掲載の許可とってます

 

なんなん?急に。

なんなん?

無理。

もう、無理。戻れない。手遅れ。

だって、僕は3万円するシャツの着心地を知ってしまった。

ニューバランスのスニーカーの履き心地を知ってしまった。

それらを買って得られる満足感を知ってしまった。

着飾る楽しさを知ってしまった。

 

サッポロ一番の味も、高い寿司や肉の味を知ってしまった。

 

f:id:ui0723:20160127191047j:plain

 

「じゅうぶん退屈じゃない人生」とは。

一度設定した生活のレベル、それぞれの幸せの形、他人からの評価、そんなことなんでしょうか。

 

f:id:ui0723:20160127191054j:plain

 

知らんがな!!

 

なんでこんなに袋ラーメンのくだりが刺さるのか、考えたんですけど、理由なんか人によって違うんでしょうけど、怖いんだと思います。

気付かないふり、見ないふりしているものが明確になるのが。

 

あるところに28歳のいわゆるキラキラ女子がいました。彼女は合コンや化粧品やブランド物にお金をたくさん使い、幸せをつかみに行こうと一所懸命でした。

またあるところには同じく28歳の洋服はいつも同じ、化粧も最低限、ブランド物には興味が無く、趣味は海外旅行という旅人女子がいました。

キラキラ女子は旅人女子を「ダサいし、もてない」と思っていました。

しかし、ある日、キラキラ女子は違和感を感じたのです。

旅行女子は旅先で出会ったおしゃれではないけど、健康的で、商社や広告代理店には勤めてないけど、素朴で優しい男と30歳で結婚します。

自分のほうが満たされた生活を送っていると信じていたのに、SNSの友人の数も多いはずなのに、何より自身が自分の生活に満足していたはずなのに。

思っていた通りに振舞ったり、経験を積んできたはずなのに。

 

別にキラキラ女子が悪いとか、そんな話ではありません。

 

何の疑いも無く歩いてきた道に違和感を感じることが怖いのです。

気付いちゃうことが、怖いのです。

 

僕で言うと、毎日こんなに長時間働いて、真っ暗な部屋に帰って、お酒を飲んで、寝て、何が手元に残るんだろうという恐怖です。

 

 

僕にLINEを送ってきた友人は幸せな家庭を築いています。

僕から見たら幸せを絵に描いたような家庭です。

 

f:id:ui0723:20160127191059j:plain

 まんじゅうと同じくらい怖い!

 

もう、それなら進むしかないんですよね。

満たされないまま、引きずり回して歩くしかないんですよね。

 

各自、がんばりましょう。

 

解散!

 

ありがとうございました

 

おしまい