震災はとっくの昔に終わったことです

まもなく3月11日がやってきます。

過去に何回か震災のことについてブログを書かせていただきました。

今年も何か書こうと思ったのですが、新しく書きたいことはもう何もありませんでした。

友人や、先生や、後輩を亡くした僕でさえ震災は「とっくの昔に終わったこと」です。

 

震災が起こったのは2011年。今が2018年なのでもう7年前ですね。

ところで2011年ってほかに何があったんだろう?と思い調べたところ「アナログ放送終了」「なでしこジャパンW杯優勝」「スティーブ・ジョブス死去」など(ああ、そういえばそんなことあったな)と思えるニュースが並んでいました。

同時に(めっちゃ昔だな)とも感じます。

 

そう、7年前ってめっちゃ昔なのです。

 

7年あったら13歳の子が成人します。23歳が30歳になります。

今の自分の年齢からマイナス7歳してみてください。めっちゃ若くないですか?逆に今の自分の年齢に7歳足してみてください。めっちゃおっさん(おばさん)じゃないですか?

 

それくらい、7年は大きいのです。

 

今でも約3万人の方が仮設住宅に住んでいます。原発周辺の街は廃墟のような状態になっていますし、ふるさとに帰れなくなった方も大勢います。

事実として、まだ震災は終わっていません。

 

「震災を忘れないで」

 

大事です。めっちゃ大事です。

 

でも僕らの日常に震災はありません。あるのは仕事や恋愛や家族や友達付き合いです。毎月の家賃や税金やカードの支払いです。LINEの返信や歯医者の予約や今日のごはんです。

寝坊したり風邪引いたり太ったり、とにかく毎日忙しくて、これっぽっちも震災が入るスペースありません。

 

でも、それでも、1年に1回だけ。今、この時期だけでいいので、立ち止まって今の自分がOKなのか確認しましょう。「いつか死ぬ」ということを、確認しましょう。

震災があった当日、誰もが「死」を身近に感じたはずです。あの体験はこれからも活かしましょう。

 

明日の今頃、僕らはガレキの下にいるかもしれないですから。

津波の中にいるのかもしれないですから。

 

毎年必ずやってくる3.11をきっかけに、一瞬立ち止まりましょう。一瞬でいいんです。こういった行為が、巡り巡って震災で亡くなった方々の追悼になると信じます。今でも震災の傷跡に苦しむ誰かを元気にすると信じます。

 

前置きが長くなりました。2016年の記事ですがお時間のある時にお付き合いください。

ui0723.hatenablog.com

 

男の褒めかた

f:id:ui0723:20180228170347j:plainこれまでに数えきれないほど女性を褒めてきました。

顔やスタイルや性格はもちろん、持ち物や洋服を、髪の毛や爪を、香りや声を、立ち振る舞いを、しぐさを、考え方を、時には飼い猫の写真や家族構成やさえも褒めちぎって生きてきました。

時には素直に、時には大げさに、時には少しの嘘をおり交ぜながら。

いつのまにかこの「褒める」ことは特技と言っていいレベルに達していました。

 

恋愛において、この「褒める」という行為は非常に大切です。

別に男女間の間に限らず、子供だって大人だって犬だって褒めるられることは絶対にうれしいはずですし、これはこの先、どんなに時代が変化しようと変わることは無いでしょう。それどころか、SNSの普及で承認欲求が強くなっている現代社会においてはより効果的な手段となっているはずです。みんな「いいね!」って言われたくて必死なんです。

しかし残念なことに、褒めることが下手な女性がとても多いです。恋愛において口説く側になることが多い男性には褒め上手がたくさんいます。彼らは効果的な「かわいい」を連発し言葉巧みに女性を気持ちよくさせます。しかし、女性は男性を褒めるということにあまり慣れていません。

 

だから、今回は最高の男の褒め方を書きます。

もっとストレートに言うと、彼氏を作るための男の褒め方です。

 

これさえできれば彼氏できますから。

男の人の態度が変わりますから。

そういうふうにできてますから。

 

例えば、あなたの気になる男性がめっちゃおしゃれな靴を履いていたとします。恐らく新品のおろしたてでピカピカです。

さあ、何と言って褒めましょうか。

 

「おしゃれだね」

「似合っているね」

「センスいいね」

「かっこいいね」
 

 

このあたりでしょうか。

めっちゃ普通ですね。普通すぎますね。

普通すぎて「ありがとう」以外の返事が思いつきません。

もちろん褒められたらうれしいです。ハッピーです。でも、この褒め方はすごく損をしています。

 

では、正解は何か。

驚くことに、本当の褒め上手は、その時は何も褒めません。

1ヶ月とか、2ヶ月とか、もしかしたら1年後とかに褒めるのです。

 

 

 

「ずっと前から思ってたんですけど、その靴、すごくおしゃれですよね」と。

 

時間をさかのぼって褒めるのです。

 

 

今、この瞬間を褒めるのではなく、過去から現在までを褒めるのです。

 


彼の優しい一面を見たら「優しいですね」ではなく「前会った時も感じたんですけど、すごく優しいですよね」なんです。
彼がもりもりご飯を食べていたら「ごはんおいしそうに食べますね」ではなく「いつも思ってたんですけど、おいしそうに食べますよね、ごはん」なんです。

どうしても今褒めたかったら、過去をプラスしてください。

「今日のカバンおしゃれですね。この前持っていたカバンもめっちゃおしゃれでしたよね」 と。
 
この違い、分かるでしょうか。

こう言われたら

「めっちゃ僕のこと好きやん!めっちゃ興味持ってくれてるやん!僕も!君が!好きさ!ラビュー!!」ってなります。

 

そういうふうにできています。

 

さりげなく、かつ明確に「私はあなたにとても興味がありますよ」という意志を伝えることができるのです。

未来を付け加えることができるのであれば、より良くなります。

「ずっと思ってたんだけど、おいしそうにご飯食べるよね。将来の奥さんはうれしいだろうね」と。

より具体的に、エピソードを加えて伝えることができるなら最高です。

「ずっと前から思ってたんだけど、優しいところあるよね。あの時は言わなかったけど、豪雨の日に川でおぼれる犬を助け出したときは本当に優しい人だと思ったよ。覚えてる?将来あなたに飼われる犬は安心して川遊びできるよね」と。

あなたと一緒に犬も扶養してくれるでしょう。

 

とにかく、今この瞬間を見るのではなく、彼のことが好きなのならば彼の良いところを現在・過去・未来という異なる時間軸で褒めてみてください。

 

付き合う前の男女だけではありません、数年付き合ったカップルでも有効だと思うんです。

 

「ずっと前から思ってたけど、カニ食べるの上手いよね」と。

「ずっと前から思ってたけど、顔、めっちゃタイプやで」と。

 

褒め下手の女性が多い世の中において、褒め上手になることは非常に大きな強みとなるはずです。でも、気を付けてください。これ、わりとホントに好きになっちゃうので、責任取れない人に対してはむやみに褒めちゃダメですからね。

はじめは少し照れくさいかもしれませんが、言いましょう。言ってみましょう。言ってやりましょう。

ずっと思っていても、やっぱり声に出して初めて想いは伝わりますから。

 

恋愛に限らず様々な場面であなたを助けるはずですから。

 

寒かった冬は間もなく終わりますから。

 

春が来ますから。

 

何か変えるにはちょうどいい季節ですから。

 

 

 

 

ありがとうございました

 

おしまい

 

 

ダイヤモンドは砕けない。恥骨は砕ける。

f:id:ui0723:20171219185457j:plain昨晩、友人から「あなたの元恋人が出産したよ」という知らせを受けました。

結婚5年目、待望の第一子だそうです。

もうずいぶんと前にお別れをした恋人です。

こんなとき、元恋人としては(特に男性は)「こんな時、どんな顔すればいいのかわかんないの」って感じになると思うんですけど、僕は心の底から安心しました。

ずっと喉の奥に刺さったままだったトゲが、スルリと抜けたような、そんな気持ちになりました。

 

2回、あります。

恋人を骨折させてしまったことが。

恋人の恥骨を骨折させてしまったことが2回、あるのです。

 

1回目は高校2年生でした。

学校から駅まで自転車の2人乗りをしていました(しちゃだめですよ)。僕が自転車をこいで、彼女が後ろ。

なんか、あるじゃないですか。よく分からないノリでキャッキャとじゃれあうこと。

ありましたよね?

脇腹とかをコチョコチョされたりして。

「やめろよ」

「やめない」

「あはは」

「うふふ」

みたいな。

みんなあんまり言わないけど、ありますよね?こんなノリになること。

無かったですか?いやあったはずです。

 

そのとき、あまりにもニャンニャンしすぎて運転がおろそかになったんですよね。

気付いたら目の前のガードレールに衝突。

当時、ゴリッゴリの運動部で屈強なフィジカルを持っていた僕は無傷だったんですけど、彼女が骨折しました。

恥骨を。

衝突の衝撃で座っていた自転車の荷台で大きくバウンドしたようです。恥骨を。

 

自転車の2人乗りする時(しちゃだめですよ)後ろの女子の座り方ってサイドに両足を揃えて座るパターン(横座り?)か荷台にがっつりまたがって座るパターンがあるじゃないですか。後者の座り方だったんですよね。

 

 

2回目は25歳くらいでした。

1人目とはすでに別れ、別の彼女です。

確かクリスマス前の寒い日でした。部屋でDVDを観ていました。アイアムレジェンドだった気がします。

映画館で一回観た映画だったので、何となく映画に集中できなくて、本当にウィルスミスには申し訳ないんですけど、なんか、あるじゃないですか?

DVDとかそっちのけで恋人とにゃんにゃんすること。

悪ふざけでくすぐりあったりすることあるじゃないですか?

「やめろニャンくすぐったいニャン」

「やめないニャン」

「あははニャン」

「うふふニャン」

みたいな。

それで、僕は本当に脇を触られるのが人一倍苦手で、でもガッツリ脇を執拗に攻撃されて、身を守る僕の頭が彼女の恥骨に強打したのです。

 

尋常ではない痛がり方にすぐ病院直行。

 

病室のベッドで横たわる彼女。医師から言い渡される「恥骨骨折」の診断。

 

その時、良くないのが、

「恥骨?また?また恥骨なの?!」って言っちゃったんですよね、僕。

 

「また」はまずかったですよね。

だって、その子にしてみれば初の恥骨骨折。

きっと寂しい想いをさせてしまいました。自分は初めて来た場所なのに実は恋人は元恋人と来たことがあった的な。

 

その後、病院にかけ付けた彼女のお義父さんと

お義父さん「君かね、娘の恥骨を折ったのは」

僕「はい」

お義父さん「どうやって折ったのか説明できるのかね?」

僕「あの、頭で…」

お義父さん「頭?!頭??!!」

という最悪の初対面があったりしながらも、僕はずっとおびえていました。

 

お義父さんが言った「娘が将来出産できなくなったらどうするんだ」の言葉に。

 

医者が「完治すれば出産にはまったく影響ないですよ」と言ったことももちろん覚えているのですが、街中や本、ネットで「恥骨」という文字を見るたびに、僕の心に刺さったままのトゲがチクチクと痛めつけていたのです。もう10年間も。

 

それがようやく無くなったのです。この年の瀬に。

 

ふと、思いました。

 

何か、ないでしょうか?

まだやっていないことが、

やり残していることが、

やらなくちゃいけなかったことが。

 

抜いてないトゲがあるんじゃないでしょうか。

 

今年の年初、色々は抱負を抱いていた自分には本当に申し訳ないんですけど、去年と同じような今年が終わろうとしています。

今日が終われば今年もあと12日。残りたったの約3%だそうです。

 

大丈夫。携帯の充電、3%あればまあまあ使える。

 

今からでも何かを始められるはず。何かを終わらせることができるはず。

「はじめるのが遅すぎたな」の後悔は「結局何もやらなかったな」の100倍ましなはず。

 

何年か先に2017年を振り返った時に「2017年は年末にあれを始めた年!」と即答できるように。

今年が終わる瞬間、自分にOKを出せるように。

 

 

そんなことを恥骨の知らせから考えた35歳独身彼女無しの夜でした。

 

ありがとうございました

おしまい