浮気の罪と罰

身体は浮気したけど心は浮気していない。

心は完全に浮気しているけど身体の浮気はしていない。

 

はたしてどちらが残酷なのでしょうか。

f:id:ui0723:20161027193622j:plain

僕の女友達(31歳)が2年間付き合った彼氏(33歳)に浮気されました。浮気相手はなんと21歳(!)だったそうです。

彼女は僕に「この浮気を許すことができたなら…これからもっと大変なことが起こっても二人で乗りこえられると思うの…だから…がんばる。大丈夫。うん、大丈夫」と言いました。

さらに彼女は「浮気してしまったものはしょうがない。終わったことだし。それにこっちにも何か原因があったのかもしれない。だから、大丈夫」と言いました。

 

終わりの始まりが始まった瞬間です。

 

僕は彼女に「でもさ、君の彼氏、浮気中は相手の身体に夢中になって、気持ちよくなってもらおうと腰振ったんだよね。一所懸命、裸で腰振ったんだよね」と事実を伝えました。

彼女は泣きましたが、僕はこれっぽっちも反省していません。大切な友達だからです。大きなお世話だったのかもしれませんが、ちゃんと向き合ってほしかったのです。過去に何度も何度も同じような失敗をし、後悔している彼女に。

本当に許しているのか?これからは本当に大丈夫なのか?

逃げず、見て見ぬふりをせず、今回こそはしっかり向き合ってほしかったのです。

 

なぜ彼女は彼の浮気を許そうとしているのでしょうか。

 

彼女が31歳だったから?

彼が謝罪しているから?

彼の年収が高いから?

親にもあいさつが済んでいるから?

 

彼女は僕に、こうも言いました「身体は浮気したかもしれないけど、心は浮気していないと思うから大丈夫だと思う」

何が大丈夫なのか、さっぱり分かりませんでした。これっぽっちも分かりませんでした。

浮気を許す理由はさまざまだと思いますが、この場合はおそらく「別れたらまた一人になってしまうから」ではないでしょうか。

「別れるよりは浮気を許したほうがマシ」という選択をしたのではないでしょうか。せざるをえなかったのではないでしょうか。

 

僕は胸を張って声高らかに自慢できることがあります。

それは「今まで浮気をしたことが無い!!」ということです。

「浮気するほどの甲斐性やルックスや年収がないからだろ」「いやいや、そもそもお前、人生において彼女いる時期めっちゃ少ないじゃん」という方もいらっしゃると思います。おっしゃる通りです。でも、僕は小さい時から浮気がどれだけ幸せを壊すのかを目の当たりにしてきました。友人たちの離婚の原因の多くは浮気です。僕の兄も嫁の浮気が原因で離婚しました。孫と会えなくなったことが決まっときの父と母はひどく落胆していました。

 

浮気はしてはいけない。あたり前に聞こえます。

でも、こんなあたり前のことがあたり前になっていない世の中を僕らは生きています。 

事実として、この世は浮気にあふれています。きっと僕らが知っている浮気って、氷山の一角なんだと思います。僕らが知らないだけで、無かったことにされた浮気っていうものがこの世にはたくさんあるのかもしれません。

僕も、僕が知らないだけで浮気されていたのかもしれません。 

  

なぜ人は浮気をするのでしょうか。

 

知らないのです。コスパの悪さを。

コスパの悪さを知らない人が浮気するのです。

結婚している人が浮気をしたら多くの場合離婚します。子供とも離れて暮らすことになり、結婚を祝ってくれた多くの人に対しても残念な結果を報告しなければなりません。養育費や慰謝料だって発生します。将来、自分の子供も知るでしょう。1回の浮気で失う物が多すぎます。どう考えても見合ってないと感じます。

 

いや、やめましょう。こんな分かりきった話は。

もっと本質的な、地獄の部分の話をしましょう。

 

浮気持つ最大の罪と罰は「レッテル」にあると僕は考えます。

 

冒頭にお話しした浮気を許そうとしている僕の友人は、彼が浮気をしたことを許そうとしています。無かったことにしようとしています。

しかし、事実は無くなりません。

この先、彼女はずっと、もしかしたら一生彼に対して(この人は浮気した人)というレッテルを貼って生きることになります。

 

時間が経過して、彼となにか別のことでケンカしたときも、心のどこかで

(なんだよこいつ、えらそうなこと言いやがって。浮気したことあるくせに。私は浮気を許してやったんだぞ。忘れたのか)

というぬぐえない気持ちを持ち続けるのではないでしょうか。

 

何もケンカした時に限っての話ではありません

 

彼女「ただいまー!」

彼「スヤスヤ……ん…あ、おかえり…」

彼女「あ、起こしちゃった?ごめんね(ご飯も作らず洗濯もせず寝てやがる。浮気したくせに)

 

彼女「カレー作ったよ!」

彼「もうちょっと辛い方が好きかな」

彼女「そっか(なんだよこいつ浮気したくせに)」 

 

彼氏「ごめん、到着30分遅れる!」

彼女「浮気したことあるくせに?」

 

極端に書きましたが、こんな「浮気のレッテル」生活が一生続く。何かの拍子にスイッチが入る。精神的な地獄です。彼女も彼女で、一度でも彼に「浮気を許す」と伝える以上、この先決して「浮気したことあるくせに」と口に出してはいけません。それくらいの覚悟が必要なはずです。

 

浮気を許してもらった側にも、許す側にも、一生取れることのないレッテルがつく。

これが浮気の最大の罪と罰だと考えます。

 

もちろん個人差があるのは百も承知です。恋愛の形は十人十色。

浮気をネタにできるカップルや夫婦も稀に存在していることを知っています。

 

でも、もし無理して浮気を無かったことにしようとしている人、許そうと思っている人、許したつもりで苦しんでいる人がいたら、もう一度だけでいいので考えてみませんか。

 

浮気を許すには覚悟が必要ということを。

 

この先背負って生きていく「浮気を許す」罪と罰について。

 

 

ありがとうございました。

 

おしまい

女友達が死んだ。享年30歳。死因・不倫。

女友達(ミムラ・仮名)が死にました。

死因は不倫です。

f:id:ui0723:20170302151313j:plain

正確にはミムラは生きています。元気に生きています。

 

死んだのは彼女の20代です。今日、ミムラは30歳になりました。

 

長い闘病生活でした。

24歳で不倫という病に侵され、彼女自身はもちろん、彼女の友人たちが何度もさまざまな治療を試みましたが、6年にわたる闘病生活もむなしく、00時00分00秒、彼女の20代は静かに息を引き取りました。

昨日、ミムラの誕生会という名の葬儀が執り行われました。インスタグラムに投稿された写真からたくさんの参列者にかこまれたミムラの姿を確認することができました。たのしそうに笑っています。「誕生会おいでよ」と共通の友人に誘われていましたがパスしました。友人の誕生会には可能な限り参加するほうですし、ミムラの誕生会には毎年顔を出しています。

でも、どうしても今年は行けなかったのです。行く気になれなかったのです。

 

周囲の友人たちのほとんどがミムラの不倫を知っていて、きっと誕生会に参加している何人かは「20代、ご愁傷さまです……」ということを考えているはずです。もしかしたら中にはほくそ笑んでいる人もいるのかもしれません。

 

ミムラの不倫相手は僕の東京の友人でもあります。彼は大手アパレルメーカーに勤めていて、店舗を管理するマネージャーです。全国に出張があり、名古屋へは月に2~3回来ています。そして、彼には担当する各地に彼女がいます。名古屋、静岡、京都、滋賀、和歌山。僕が知っている限り5人です。

 

不倫。本人たちが良しとしているなら、とやかく口を出すことではないのかもしれません。

 

でも、僕は知っています。来月、彼がミムラに別れを告げることを。

6年間の不倫に彼から終止符を打つことを僕は知っているのです。

単純に彼が昇格し4月から内勤がメインになるからです。名古屋に来ることが無くなるから。それだけの理由です。

 

ミムラは彼を愛していますが、彼にとってのミムラは出張ついでにホテルに呼ぶ無料の風俗みたいなもんです。ひどい言い方ですが、事実です。

 

ミムラにとって彼はどんな存在だったのでしょうか。

彼氏という認識だったのでしょうか。なぜミムラは奥さんがいると知りながらも6年間も彼を愛し続けたのでしょうか。これから彼女にはどんな未来が待っているのでしょうか。

 

 

  

ミムラ、30歳の誕生日おめでとう。誕生会行けなくてごめんね。

ミムラ、聞いてくれ。

間もなく君は彼から別れを告げられる。彼の担当から名古屋が外れるんだ。それだけの理由だ。彼は君のことが嫌いになったわじゃないよ。だって、はじめから好きじゃなかったんだ。

ミムラ、君は彼のやさしい所が好きだと言っていた。でもそれは「最後には君のことを選べない。ごめんな」という後ろめたさからくるものだ。

ミムラ、君は彼からも「好きだよ」と伝えてもらっていると言った。でもそれは「嫁というハードルは無理だけど、不倫相手としては好きだよ」を略して「好きだよ」と言ったんだ。

彼は君のことを「めんどうなことを言わず、自分を好きで、身体の相性はいい不倫に最も適した女」と思っているよ。彼が実家暮らしで30歳の君を好きになるはずがないよ。彼は学歴と経済力がある自立した女が好きなんだ。

ミムラ、君はどれだけ彼の奥さんのことを知っている?

実は、僕は1度だけ会ったことある。彼の奥さんはめっちゃいい女だ。正直、勝ち目はない。勝ち目はないって言うか、はじめから同じリングで戦っていない。

彼と君をはじめて出会わせてしまったのは僕だ。6年前の初夏、台風の夜。偶然とはいえ君と彼を引き合わせてしまった。あの時雨が降っていなかったら、新幹線が遅れなかったら、僕が彼からの連絡に気づくのが遅れていたらこんなことにはなっていなかった。たまに思い出しては悔やんでいるよ。僕だって罪の意識はゼロではない。僕は君に何度も止めるように忠告した。彼にだってミムラを手放すように何度も言った。でもね、それはね、君への心配ではなく、僕自身が自らの罪の意識を消したかったからだ。

ミムラ、きっと君の心はコナゴナになるだろう。彼の家庭をぶっ壊すくらいのことを考えるかもしれない。でも、彼は君にどれだけ本当のことを伝えたんだろう。君が6年間信じていた彼の情報のうち、おそらく半分以上はウソだ。彼は東京にいるときと地方に行くときは完璧な別人になるんだ。SNSのアカウントだって使い分けている。君は彼の本当の居場所、職場、最寄駅、何一つ真実を知らないと思う。6年間過ごした絆なんかLINEをブロックされたらあっけなく終わるくらいもろい関係だ。

 

 

ミムラぁ、彼のことめっっっっちゃ好きだったんだろうなぁ

だって6年だもんなぁぁ

6年あれば14歳の子供が20歳になるんだもんなぁぁぁ

一緒になりたかったんだろうなぁぁぁぁ

一緒になれるって信じてたんだろうなぁぁぁぁぁ

 

 

 

ミムラ、君の失われた6年間はもう戻らない。でもこれからも人生は続く。

君と同い年の女性陣は君が不倫している24歳~30歳の間にたくさん結婚していったね。

大丈夫だ、ミムラ。まだ30歳になったばっかりだ。まだ戦えるはずだ。

傷が癒えるのに数年かかるかもしれない。でもこれから始まるんだ。やっとスタートできるんだ。不利なスタートになる。だって将来、ミムラの彼氏が「自分の彼女が24歳から6年間不倫していた」という事実を知ったとき心が折れるからだ。10000%折れる。きっと多くの男性はこれを受け止めきれない。「自分の彼女が女としての一番いい時期にちゃんと恋愛をせず不倫相手に奪取されていた。そんであっけなく30歳でふられた」という事実を知ってしまったときに生まれる感情は絶望だ。いや、やり場のない怒りだ。「6年間不倫していた女」というレッテルを一生貼られるだろう。秘密にするにしても覚悟が必要だ。

ミムラ、もうひとつ悪いニュースがある。君は世の中の30歳の女性と比較すると少し疲れている。恋愛を楽しんでいる30歳、仕事に没頭する30歳は君より美しい。お金を使って外見もみがき直さなきゃいけいない。でも、不倫がいかに不毛か身をもって知るはずだ。絶望で終わる恋愛を経験し、立ち直った女は美しい。だから、立ち直ることさえできたなら、今からだって恋愛市場で立派に戦えるはずだ。

君が泣き止んで、何度かの女子会と旅行を終えて前を向いたとき、僕は全力で男友達を紹介する。もちろん独身だ。これからさらに増すであろう僕の罪の意識はこうやって消すことにする。でも、早くしないと僕の男友達も高年齢化するからね。

 

ミムラ、閉まりかけの扉に駆け込み乗車してやろう。

行儀悪く列に割り込んでやろう。

ずいぶんと長い間忘れていたトレーニングを始めよう。

シギシと全身筋肉痛になりながらリングに上がろう。

いつか自分にOKを出せるように、がんばろう。

大丈夫、間に合うはずさ。

季節はちょうど春だ。不毛な恋をおわらせるには十分すぎる理由だ。 

 

 

おしまい

 

 

もし君にひとつだけ強がりを言えるのなら

君から「ごめん、迷惑かけるかも」という連絡を受けた翌日から、僕の周囲はちょっとした騒ぎになりました。

数人から「あの2人が別れたらしいよ」というLINEが来て、どっちが悪いとか、分かれた原因は何だとか、誰もが真相を確かめようとしていました。

 

f:id:ui0723:20160628173058j:plain

 

34歳、同い年の男友達が9年付き合った彼女とお別れをしました。

2人は僕の紹介で付き合いを始めたカップルでした。

途中3年間の遠距離恋愛もありました。

共通の友達も多く、周囲がうらやむ仲の良さでした。

僕が知る限りどちらも浮気していなかったし、喧嘩するたびにちゃんと向き合って仲直りしていました。お互いが求め合うのではなく、常に与え合う2人でした。1度も別れることなく9年間を過ごしました。

34歳と31歳。

誰もが同棲4年目の2人は結婚するものだと思っていました。

20代の貧乏だけど楽しい時期を一緒に暮らして、2人で大人になりました。

お互いの親にも挨拶して、画像フォルダには何百枚も写真があって、何回も夏とか冬を越えました。

膨大な時間や価値観や情報や感情を共有して、お互いが人生の一部になって、それでも別れるという選択でお互いが納得したんだから、外野がとやかく意見を挟んだり、どっちが悪いという審判を下す必要なんてこれっぽちも無いわけで、2人ともとにかく今はお疲れ様でした。

 

別れた彼女のことは彼女の女友達に任せよう。

大丈夫、彼女には優秀な女友達がたくさんいるから。きっと何回かの女子会と旅行で彼女は笑顔を取り戻すはずだから。

そして君が一番よく知っていると思うけど、彼女はとってもいい女だから、きっといい男と一緒になって幸せになると思う。

僕らはどうしようか。

オッサンになってから友達が大失恋するなんて思ってもいなかったから、僕にしてあげられることが何があるのなんかすぐには思いつかないや。

大学生だったら夜中に海にでも行くんだろうけど、眠くなっちゃうし、君は相変わらずペーパードライバーだし、たぶん行く途中のサービスエリアでうどん食べて「やっぱ帰ろうか」ってなるから、とりあえずお酒でも飲もう。名古屋駅の裏の路地にある煙もくもくの汚い焼き鳥さんで、いつも通りサッカーと下ネタの話で盛り上がろう。そんで、気が向いたら彼女のことを話せばいい。

君が望むならキャバクラだって行く。望まないだろうけど。

君が望むならカラオケで「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」って歌う。望まないだろうけど。そんで、やっぱりオッサン2人でのカラオケは気持ち悪いからやめよう。

 

ただ、僕は知っていました。

同棲してたぶん2年目くらい。

「結婚」というフレーズを2人とも口にしなくなったことを知っていました。友達が「結婚」というフレーズで2人をからかう度に笑いながらごまかすことを知っていました。

だから、別れたことに対してはめっちゃ驚いたふりをしたけど、実はそんなに驚いてない。

 

9年付き合った恋人と別れるなんて僕には経験の無いことなので「気持ちわかるよ」なんて嘘を言っても君は「なんでやねん」って返すだろうけど、独りで生きる30代の過ごし方だったら君よりたくさん知っているから、色々と教えてあげられる。

不動産屋の知り合いもいるから新居探しも手伝うよ。あの部屋は1人ではちょっと広すぎるし、家賃だって大変だ。

 

僕は君も別れた彼女も、これからもどっちも大切な友達だから、何が悪かったとか、こうすれば良かったとか、そんな話するつもり無いけど、時にはさりげなく、時には強引に背中を押すことにする。オッサンだって失恋したらこうやて友達同士で何とかするのが正解だと信じているから。

そして、いつか女友達も紹介する。やっぱりオッサンでも恋愛は必要だからね。

 

ホント嫌になっちゃうよね、大人なのに、こんなオッサンになってまで恋愛がしんどいなんて。想像してたのとずいぶん違うよね。それどころか、年齢を重ねる毎に恋愛は修行のように厳しさを増していくね。

それでもこれからまた違う誰かと出会って、連絡先を交換して、デートに誘うのに緊張したり、LINEの返信にどきまぎしたりあたふたしたりやきもきしたりするんだろうね。大人ってもっとスマートに色んなことをやるのかなって思ってたけど、恋愛ばっかりは高校生とかと変わんなかったりするよね。

顔と体ばっかりオッサンになって、仕事や立場も変わって、恋愛もこんな状況で、人生の選択肢は狭くなっていくばかりにも見えるね。

 

いつまでやんだろね、これ。

 

やっぱり「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」って歌うのは君にゆずる。あの歌の最後の「君あての郵便がポストに届いているうちは片隅で迷っている。背中を思って心配だけど。2人で出せなかった答えは、今度出会える君の知らない誰かと見つけてみせるから」って部分が刺さって泣いちゃうかもしれないけど、とにかく今は盛り上がればそれだけで充分だよね。

 

 

おしまい