僕たちには『名もなき関係』が必要なのかもしれない

『大豆田とわ子と三人の元夫』が終了してから1週間が経過しました。

我々は初めて大豆田とわ子にも、3人の元夫にも会えない火曜日を迎えました。 さみしいですね。

f:id:ui0723:20210616142924j:plain

外れた網戸が戻せないことで有名な大豆田とわ子

とわ子が子供の頃、母親との会話です

母「とわ子はどっちかな。ひとりでも大丈夫になりたい?それとも、誰かに大事にされたい?」

とわ子「ひとりでも大丈夫だけど、誰かに大事にされたい」

 

テレビの前で思わず「そうだよね」と声に出してしまいました。

独身も、バツイチも、みんな一人でも平気なのです。

きっと結婚した人達の多くも一人でも平気だけど二人のほうがよかったから結婚したんですよね。

僕たちは皆、一人でも大丈夫なのです。

だって、これまで一人で平気だったのですから。

だけど、誰かに大事にしてほしい。

「もう、ひとりは嫌なんだよ。限界なんだよ。誰かに頼りたいんだよ。守ってもらいたいんだよ」

とわ子がこう嘆いたように。

僕たちは一人でも大丈夫なはずだけど、本当は大丈夫じゃなくて。

誰かに特別に想ってほしい。

守ってほしい。

優しくしてほしい。

気にかけてほしい。

思い出してほしい。

触れてほしい。

共有してほしい。

笑いかけてほしい。

今日のできごとの話をしてほしい。

将来の約束をしてほしい。

でも、そのことを明確に相手に要求できない。

だってそれは、その人の、一人の大人の人生を変えてしまう「要求」だから。

そんな大それた要求を明確にしないまま、どうにか叶えるために、僕たちは精一杯、人にやさしくするのだと思います。一所懸命、愛情表現をするのだと思います。

そして、それらの行為の裏側にはいつも「こんなにしているんだから」という下心や期待が存在するのです。「一人になるのは嫌だ」という恐怖が存在するのです。

 

時々、その下心や期待が大きくなりすぎてしまって、そのことに自分や相手が気付きながらも、それを止めることができない。

止めてしまった瞬間、自分か、相手のどっちかがその場にいられなくなるような気がしてしまうから。

そんなおっかなびっくりな恋愛が、一人でも大丈夫なはずの僕たち大人の恋愛でもあります。

そして、下心なき無償のやさしさや、見返りを求めぬ、ついつい溢れ出てしまったような愛情表現こそが「愛」と呼ばれるものなんだろうな、と最終回を見ながら思った次第です。

 

f:id:ui0723:20210622190032j:plain

3人の元夫と一人娘に囲まれがちな大豆田とわ子

 

同時に、大人が一人で健全に生きるには「他者との繋がり」は絶対に必要だと感じました。

人間は他人の目を気にしなくなったとき、自力で歩けなくなったとき、そして他者とのつながりがなくなったとき、世界は急激に縮小し、一気に老け込んでしまうのです。

他者とのコミュニケーションでしか得られない喜びが確かに存在します。その喜びを通じてしか感じ取れない存在意義や尊重や尊厳もあるのです。

その「他者との繋がり」は、もちろん仕事の関係でも良いのですが、できればもっと近い関係が良いですよね。

もちろん友人でもいいし、恋人でもいい。

でも、もっと曖昧でもいいと思うのです。大人だから。

元恋人、曖昧な関係の異性、元不倫相手、元婚約者、大親友の彼女のツレ、許し合えた友の愛した人でさえも。そして元夫だっていいと思います。

名も無き家事があって、名も無き料理があるように、一応「友人」という括りに入れられないこともないけど、厳密には違う関係。

そんな「名も無き関係」っていうのが、大人が生きる上でこれまで以上に必要になってくるんじゃないかなと思うのです。

 

もちろん、関係は健全なほうがいい。

不倫は悪だし、セフレは不健全な心境になるのであれば関係を切った方がいい。今の恋人に隠さなければいけない関係は不健全だと思います。だって、そこに引っ張られ、本来の目標や目的や大切にすべき人が曖昧になる人がたくさんいて、抱いた抱かれたの相談が絶えないから僕はこれからも「不倫は悪」とか「不健全なセフレはダメ」と言い続けると思います。

でも、そんなことは百も承知の上で、「普通の結婚、普通の恋人、普通の友達」という「普通」が陳腐化している今、「説明すると長くなる関係」や「一応友達っていうカテゴライズだけど厳密には違う」とか、そんな「名もなき関係」について考え直さないといけないと思うのです。

 

ドラマ終了から1週間経過するのにまだうまく言語化できませんが、例えば

「先週、一緒にカフェにいた人、誰?」

「ああ、あの人は友達」

「どんな友達?」

「なんて言うか、厳密には友達じゃないんだよね。元上司であり元不倫相手であり、元婚約者。昔、勤務していた会社の上司で、8年前に不倫してたの。奥さんと別れて一緒になろうって言ってくれたら、口約束だけど元婚約者でもある。でも、色々あって彼は離婚したけど私たちもお別れしたの。その後、私は転職して音沙汰無し。それが、7年も経過した去年のある日、偶然飲み屋で再会して、そこからは友達関係。たまにお昼にお茶している。彼、仕事で有益な情報たくさん持ってるんだよね。もはや身体の関係は互いに求めていないし、応援とか支援とかいう類の重みも感じない。そういう関係を何と呼ぶと問われると、やっぱりそれは『友達』かな」

とか、そんなめんどくさい関係を力業で健全に成立させるスキルが今後大事になってくるのかなと思うのです。

「名も無き関係」を成立させるスキルこそ、一人で生きる僕たちの孤独とか、共存とかの悩みに対して強さを発揮するのではないかと感じています。

本当に良いドラマでした。 

 

余談ですが、僕は大豆田家の網戸が外れていたらそっと直します。

そのことにとわ子が

(あれ、網戸が直っている。直してくれたのかな)

って気付いてほしいなと願いながら。

でも、それに気づく前にきっと網戸はまた外れるし、そもそもとわ子は網戸を直せる人を選ばないですよね。

3人の元夫、確か全員網戸直せませんでしたもんね。

 

あんまり書くと「配信で見る予定だったのに」という方のネタバレしてしまうので、このへんで。

そのうちアマプラとかに出ると思いますので、まだ見てない人はぜひ。

 

ありがとうございました。

おしまい

 

■お知らせ

先月『38歳、男性、独身』というタイトルの書籍が発売されました。

新刊、よろしくお願いいたします。

  ui0723.hatenablog.com

↑ここでまえがきを無料公開しています

 

会員限定のブログ200本以上。

オフラインイベントも定期的に行っております。

サロンのオフ会などで出会い、そのまま交際が始まったり、なんと婚約した方もいます。

出会いに困っていない方はブログだけ読みに一か月だけでもどうぞ。

ui0723.hatenablog.com 

以上

ありがとうございました。

僕は静かに怒れるおじさんである

自分、38歳の未婚の男性であります。

時々言われる「38歳には見えないですね~」というお世辞は相手がびっくりするくらい素直に受け止め、デヘデヘしながらも自分が「お兄さん」や「若者」にはカテゴライズされない事がずいぶん増えたなと実感しています。

 

もしかしたら同性代の中には眉をひそめる方もいるかもしれませんが、38歳はおじさんです。

50代、60代の方々から見ればまだまだ若いのかもしれません。でも、僕の中で38歳はおじさんなのです。若者カテゴリーの年長者よりもおじさんカテゴリーの最年少に籍を置いた方が気持ちが楽、という理由もあります。

そんなまごうことなきおじさんこと、僕。

最近、新たに芽生えた「怒り」があります。

 

僕(おじさん)は、おじさんに怒っています。

僕だけじゃない。

おじさんになって分かったことなのですが、世の中のおじさんは、おじさんに怒っているのです。とても静かに。

人間は歳をとると、かわいいと思える対象が増えていき、色々なものを許せるようになります。他人や自分への許容範囲がグッと広がります。理想と現実の間に納得できる着地点を見つけ、ヒラリと着地できるようになるのです。それはとても人生を楽しくする変化で、実際20代よりもアラサー、アラサーよりもアラフォーになってからのほうが人生の楽しさが増し、難易度は下がりました。

それなのに、一部のおじさんに対する怒りは増えるばかり。

 

女性蔑視をするおじさん

セクハラ・パラハラするおじさん

痴漢で捕まるおじさん

歩きたばこをするおじさん

身だしなみに気を使えないおじさん

駅で無意味に女性にぶつかるおじさん

その他、様々な愚行を行うおじさん

 

世の中には様々な老若男女のカテゴリーがありますが「おじさん」が一番目立って悪いことをしている気がします。 

そんなおじさんの存在のせいで、この世には

「おじさんはどれだけ叩いても大丈夫。なんせ、あいつら頑丈だし、強めに叩かないと気付かないから。おじさんは強く叩こう」

という見えない暗黙の了解が生まれているのです。「お兄さん」から「おじさん」に人生のフェーズを移して初めて気付きました。

これは、脅威です。

僕たちおじさんは、本当はびびっている。

何食わぬ顔していますが、まるで潔癖症の世界を生きる細菌です。

歴史的に見れば確かに成人男性は昭和や平成のはじめくらいまでは社会的強者だったのかもしれません。

実際、今でもそのことにしがみついている残念なおじさんもたくさんいます。

しかし、一定数のおじさんはそこからは脱却しているつもりだし、謙虚に、慎ましく、人生と呼ぶよりは生活と呼んだ方がしっくりくる毎日を一所懸命生きているだけなのです。

 それぞれが「人柄」とか「愛妻家」とか「仕事ができる」とか「清潔感」とか、何かしらこの世をスイスイ泳ぐための長所を必死に掴もうとしている。

 

結果「良いおじさん」も増えたと思います。

身だしなみにも気を使う人だってずいぶん増えたと思います。

臭いだけではなく、スキンケアをするおじさんだって増えているはずです。

中にはフェミニズムジェンダーについて深く理解しようと勉強しているおじさんだっています。

無意識であっても、悪意は無くとも、性別年齢関係なく差別は無くなさないといけないのですから。

 

それなのに!

毎日のように!

たくさんのおじさんが!!

テレビやネットのニュースで耳を塞ぎたくなるような発言を繰り返すわけです!!

まちがったSNSの使い方で世間を賑わすおじさんもいるし、何歳になっても性欲をコントロールできないおじさんもいます。

 

そんなおじさんのせいで僕たちおじさんの肩身はどんどん狭くなるし、何を発言するも、行動するも、実はいつも必要以上におっかなびっくり。

いつだって横目で周囲をチラッと見て、自分の立ち位置が安全圏からはみ出していないか確認する必要があるのです。

 

だから僕は、僕たちは、怒ってるのです。

そう、僕たちおじさんは、怒ってるんですよ。おじさんに。

ずっと、ずーっと怒ってますよ。

f:id:ui0723:20210406175629p:plain

かと言って、おじさんに怒りの声や主張を掲げれば「おじさんどうした」と揶揄される。

そして、こんな社会に誰がしたと考えれば、それも一部のおじさんなのです。

一部の勘違いおじさんを駆逐できるのは、おじさんのはず。

しかし、勘違いおじさん達を変えることはできません。なんせ、話が通じないのですから。彼らは最も近くて遠い国の住人なのです。

ここに大きなジレンマを感じています。

 

そんなジレンマを片手に、今日もおじさんに対する怒り、自分の無力さに対する悔しさは増すばかり。

僕は、駅で無意味にぶつかるおじさんを目撃してしまったら、本当はハルクみたいに怒りたい。

f:id:ui0723:20210406201436j:plain

怒れる緑のおじさん・ハルク。力が、欲しい。

ここまで書いて気付きました。さっきから書いているこの怒りの根源、自らの立場を守るためのエゴなんでしょうね。いかんいかん。

 

すべて僕の狭い世界で、僕が感じたことですが、これからも僕はいつもニコニコ笑って、静かに怒れる清潔なおじさんでいようと思います。密かにどうやったらおじさんの敵であるおじさんを排除できるかを考えながら。それがおじさん1年生の役割だと思います。 

 

何回「おじさん」って書いたか分からず、とっくの昔にゲシュタルト崩壊しているのでこの辺で。

 

ありがとうございました

おしまい

 

 

先週『38歳、男性、独身』というタイトルの書籍が発売されました。僕のSNSのフォロワーの7割は女性で、おそらくこのブログの読者もほとんどが女性。しかし、書籍もタイトルに『男性』という文字が入っています。もちろん、女性読者も意識して書きました。でも、今回の本は、世の中の静かに怒るおじさんにも届いてほしいなと考えながら書きました。僕のようなおじさんに届きますように。

そして、いつかそんなおじさんと友達になって、飲酒ができますように。

子供も、お年寄りも、女性も、おじさんも、生きやすくなりますように。

あと、既婚者も独身者ももう少し生きやすくなりますように。

新刊、よろしくお願いいたします。

  ui0723.hatenablog.com

↑まえがきを無料公開しています

 

会員限定のブログ200本以上、性の話や不倫や絶対に結婚できる方法まで。

オフラインイベントも定期的に。月初入会がおすすめ。一か月だけでもどうぞ。

ui0723.hatenablog.com

 

脈々と受け継がれるバトン

f:id:ui0723:20210130174132j:plain

カラーコーン、たまにグッとくるやつありますよね。伝わりますかね、この健気さ。せっかく今年から横浜の住民になったのに自粛続きで野毛はおろか、近所の居酒屋にすら行けない日々。しょうがないので深夜徘徊(散歩)しています。

 

少し前の話ですが、ある仕事で「なぜ人は老いると個の認識力が下がるのか」ということを勉強しました。知恵熱を出しながら様々な資料を読んだのですが、これが調べてみるとなかなかおもしろいのです。

 

そもそも「個の認識力の低下」とはどういうことか。

ここで言うそれは「最近の若い人、みんな同じに見える」という現象のことです。

 

 下記の画像をご覧ください。

f:id:ui0723:20210323203332j:plain

f:id:ui0723:20210323203311j:plain

乃木坂48のホームページのメンバー一覧の画像から無作為にスクショした画像です。

みなさんはどれくらい個の判別ができますか。

決して揶揄するわけではなく、僕にはほとんど個性を認識できません。もちろん、みんな顔が違うのは分かりますが、大きな差を感じないのです。

この画像を僕と同じアラフォー世代の友人数名に送付して、どれくらい各メンバーの個性を判別できるかをヒアリングをしました。 

数値で表せるものではないので、僕の感覚になりますが、35歳以上のアラフォー世代は気持ちいいくらい壊滅的でした。

「みんな……同じような個性だよね」

「顔が違うのは分かるけど、個性を認識できるかと言われると難しい」

「これ、メイクや髪形、3種類しかないでしょ」

齋藤飛鳥ちゃんだけは知っている」

という状態です。

なんなら、みんな少し落ち込み気味に返答をくれました。

ひとつ下のアラサー世代に聞いてみると、しっかり認識できる人とまったく認識できない人が存在しました。でも、アラフォーよりは確実に個の認識ができている様子。

20代前半の人にも協力してもらいましたが、比較的みんな認識できていました。

 

やはり年代が上がると下の世代に対する個の認識力が下がっているようです。

繰り返しになりますが、僕ももちろんアラフォーの皆さんと一緒です。この画像の中の12人くらいは姉妹なんじゃないかと思っています。他の人もみんな血のつながりがある親戚。乃木坂一族。メンバーの顔がプリントされた乃木坂48のトランプで神経衰弱したら歴史的な大敗をするでしょう。同じアラフォー同士でやったら永遠に終わりませんね。

 

ここで思い出すのは自分が10代後半から20代前半だった頃に大人たちが言っていた

「最近のタレントはみんな同じに見える」という言葉。

僕は、その言葉を聞く度に「おじさん(おばさん)は嫌だなぁ~。認識力が低下するんだな~」と思っていたのですが、光陰矢の如し。少年は老い易く、気付けば僕がその立場に。

果たして、本当に僕(アラフォー)の認識力は低下したのでしょうか。

 

こちらをご覧ください。

f:id:ui0723:20210323234723j:plain

言わずと知れたモーニング娘。

加護ちゃん辻ちゃん加入で11人になった2000年の写真ですね。ゴマキのかわいさは神がかってますけど個人的には飯田香織さんの美しさに改めて気付かされます。

 

f:id:ui0723:20210323234819j:plain

こちらはAKB48の神7。全員問答無用にかわいい。

僕は倉持明日香さん派閥です。なんせラジオに呼んでいただいたことがあるので。

 

あくまで僕個人の見解ですが、モーニング娘。AKB48も乃木坂と比較すると圧倒的に個性があると感じるのです。

つまり「リアルタイムで見る機会が多かった対象以外は個性を判別しにくい」ということですよね。

この現象はきっと解明されているに違いないと思い、色々と原因を調べてみたのですが大きな理由がいくかありました。

そのうち、最もシンプルな理由は「人種効果」という現象です。

「人種効果」とは、アメリカ人が「アジア人はみんな同じ顔に見える」と言い、アジア人は「アメリカ人はみんな同じような顔をしている」と感じる現象です。これが「この認識力の低下」の原因。

つまり、昭和生まれの僕から見た令和のアイドルは外国人なのです。

もう少し詳しく解説します。

30代になり、同じような世代としか交流しなくなると、交流の少ない世代の個性を脳が認識できなくなるようになっていくらしいのです。つまり目と脳が慣れていないだけ。

おじいちゃん&おばあちゃんが年に1~2回しか会えない孫たちの名前をなかなか認識できない現象も近いものがあります。

 

「慣れていたら年齢なんか関係なく認識できるのかも」そう思い、中学と高校で教師をしている友人(アラサー&アラフォー各1名)にそれぞれ乃木坂の画像を送ったら驚くほど個の認識ができていました。教師は日頃から若い子たちに囲まれているので目も脳も慣れているようです。

 

繰り返します。

個の認識力の低下は老いではなく、単純に慣れていないだけ

なんて単純なんだ。

探していたものはこんなにシンプルな答えだったのか。

老いじゃなかった。

なーんだ。

じゃあいいか。

 

でも、本当にそれだけが原因でしょうか。

僕は、どうも人種効果のせいだけではないと思うのです。

目に入る情報が一気に増えたことも原因ではないでしょうか。

スマホSNSの普及で僕たちが手にする情報量は爆発的に増えました。例えば、僕が中学生の頃にとっての「エロ」とはなぜか山に捨ててあるエロ本くらいでした。情報収集に必死でした。しかし、今はGoogle先生が全部教えてくれるのです。エッチな話も、世の中の仕組みも、問題の回答も。そして、今どんな顔がかわいいとされているのかも。

それが原因で「美女の幅」は昔よりも狭くなっているような気がしてならないのです。

情報量は増えたけど、あまりにも増えすぎてしまい、そのほとんどが均等にならされた情報なのです。

「こうするといいよ」というコピペされた情報をTIKTOKで、Instagramで、Twitterで、YouTubeで繰り返し見ているのです。

まだスマホSNSが普及する前、若者の情報源は雑誌かテレビしかありませんでした。

情報量は今よりもずいぶん少なかったけど、その代わり各社オリジナリティのある情報だった気がします。

昔を懐かしみ、現代を憂い始めたらおしまいですね。

やめておきます。

 

ずいぶんと「〇〇のような気がする」が多い文章になってしまいました。これは、おじさんの自信の無さの表れです。でも、良いのです。

自らの老いに抗うようにアイドルを把握しようとする情熱やカロリーは僕にはとっくの昔に残されていません。そもそも、把握する必要性もないし、おじさんが若者に寄せることは誰も望んでいません。無理して若者文化に寄って来ようとするおじさん、しんどいですよね。そんなことを考えながら、嗚呼、こうやってぼやきのバトンは脈々と受け継がれていくのだなと感じた次第です。 

 

 

ありがとうございました

おしまい 

 

お知らせ

新刊が発売されます!!すべての独身に贈ります!受け取って(買って)ください。

 ui0723.hatenablog.com

↑まえがきを無料公開しています

 

会員限定のブログ200本以上、セックスレスや不倫や絶対に結婚できる方法まで。

オフラインイベントも定期的に。月初入会がおすすめ。一か月だけでもどうぞ。

ui0723.hatenablog.com