女友達が死んだ。享年30歳。死因・不倫。

女友達(ミムラ・仮名)が死にました。

死因は不倫です。

f:id:ui0723:20170302151313j:plain

正確にはミムラは生きています。元気に生きています。

 

死んだのは彼女の20代です。今日、ミムラは30歳になりました。

 

長い闘病生活でした。

24歳で不倫という病に侵され、彼女自身はもちろん、彼女の友人たちが何度もさまざまな治療を試みましたが、6年にわたる闘病生活もむなしく、00時00分00秒、彼女の20代は静かに息を引き取りました。

昨日、ミムラの誕生会という名の葬儀が執り行われました。インスタグラムに投稿された写真からたくさんの参列者にかこまれたミムラの姿を確認することができました。たのしそうに笑っています。「誕生会おいでよ」と共通の友人に誘われていましたがパスしました。友人の誕生会には可能な限り参加するほうですし、ミムラの誕生会には毎年顔を出しています。

でも、どうしても今年は行けなかったのです。行く気になれなかったのです。

 

周囲の友人たちのほとんどがミムラの不倫を知っていて、きっと誕生会に参加している何人かは「20代、ご愁傷さまです……」ということを考えているはずです。もしかしたら中にはほくそ笑んでいる人もいるのかもしれません。

 

ミムラの不倫相手は僕の東京の友人でもあります。彼は大手アパレルメーカーに勤めていて、店舗を管理するマネージャーです。全国に出張があり、名古屋へは月に2~3回来ています。そして、彼には担当する各地に彼女がいます。名古屋、静岡、京都、滋賀、和歌山。僕が知っている限り5人です。

 

不倫。本人たちが良しとしているなら、とやかく口を出すことではないのかもしれません。

 

でも、僕は知っています。来月、彼がミムラに別れを告げることを。

6年間の不倫に彼から終止符を打つことを僕は知っているのです。

単純に彼が昇格し4月から内勤がメインになるからです。名古屋に来ることが無くなるから。それだけの理由です。

 

ミムラは彼を愛していますが、彼にとってのミムラは出張ついでにホテルに呼ぶ無料の風俗みたいなもんです。ひどい言い方ですが、事実です。

 

ミムラにとって彼はどんな存在だったのでしょうか。

彼氏という認識だったのでしょうか。なぜミムラは奥さんがいると知りながらも6年間も彼を愛し続けたのでしょうか。これから彼女にはどんな未来が待っているのでしょうか。

 

 

  

ミムラ、30歳の誕生日おめでとう。誕生会行けなくてごめんね。

ミムラ、聞いてくれ。

間もなく君は彼から別れを告げられる。彼の担当から名古屋が外れるんだ。それだけの理由だ。彼は君のことが嫌いになったわじゃないよ。だって、はじめから好きじゃなかったんだ。

ミムラ、君は彼のやさしい所が好きだと言っていた。でもそれは「最後には君のことを選べない。ごめんな」という後ろめたさからくるものだ。

ミムラ、君は彼からも「好きだよ」と伝えてもらっていると言った。でもそれは「嫁というハードルは無理だけど、不倫相手としては好きだよ」を略して「好きだよ」と言ったんだ。

彼は君のことを「めんどうなことを言わず、自分を好きで、身体の相性はいい不倫に最も適した女」と思っているよ。彼が実家暮らしで30歳の君を好きになるはずがないよ。彼は学歴と経済力がある自立した女が好きなんだ。

ミムラ、君はどれだけ彼の奥さんのことを知っている?

実は、僕は1度だけ会ったことある。彼の奥さんはめっちゃいい女だ。正直、勝ち目はない。勝ち目はないって言うか、はじめから同じリングで戦っていない。

彼と君をはじめて出会わせてしまったのは僕だ。6年前の初夏、台風の夜。偶然とはいえ君と彼を引き合わせてしまった。あの時雨が降っていなかったら、新幹線が遅れなかったら、僕が彼からの連絡に気づくのが遅れていたらこんなことにはなっていなかった。たまに思い出しては悔やんでいるよ。僕だって罪の意識はゼロではない。僕は君に何度も止めるように忠告した。彼にだってミムラを手放すように何度も言った。でもね、それはね、君への心配ではなく、僕自身が自らの罪の意識を消したかったからだ。

ミムラ、きっと君の心はコナゴナになるだろう。彼の家庭をぶっ壊すくらいのことを考えるかもしれない。でも、彼は君にどれだけ本当のことを伝えたんだろう。君が6年間信じていた彼の情報のうち、おそらく半分以上はウソだ。彼は東京にいるときと地方に行くときは完璧な別人になるんだ。SNSのアカウントだって使い分けている。君は彼の本当の居場所、職場、最寄駅、何一つ真実を知らないと思う。6年間過ごした絆なんかLINEをブロックされたらあっけなく終わるくらいもろい関係だ。

 

 

ミムラぁ、彼のことめっっっっちゃ好きだったんだろうなぁ

だって6年だもんなぁぁ

6年あれば14歳の子供が20歳になるんだもんなぁぁぁ

一緒になりたかったんだろうなぁぁぁぁ

一緒になれるって信じてたんだろうなぁぁぁぁぁ

 

 

 

ミムラ、君の失われた6年間はもう戻らない。でもこれからも人生は続く。

君と同い年の女性陣は君が不倫している24歳~30歳の間にたくさん結婚していったね。

大丈夫だ、ミムラ。まだ30歳になったばっかりだ。まだ戦えるはずだ。

傷が癒えるのに数年かかるかもしれない。でもこれから始まるんだ。やっとスタートできるんだ。不利なスタートになる。だって将来、ミムラの彼氏が「自分の彼女が24歳から6年間不倫していた」という事実を知ったとき心が折れるからだ。10000%折れる。きっと多くの男性はこれを受け止めきれない。「自分の彼女が女としての一番いい時期にちゃんと恋愛をせず不倫相手に奪取されていた。そんであっけなく30歳でふられた」という事実を知ってしまったときに生まれる感情は絶望だ。いや、やり場のない怒りだ。「6年間不倫していた女」というレッテルを一生貼られるだろう。秘密にするにしても覚悟が必要だ。

ミムラ、もうひとつ悪いニュースがある。君は世の中の30歳の女性と比較すると少し疲れている。恋愛を楽しんでいる30歳、仕事に没頭する30歳は君より美しい。お金を使って外見もみがき直さなきゃいけいない。でも、不倫がいかに不毛か身をもって知るはずだ。絶望で終わる恋愛を経験し、立ち直った女は美しい。だから、立ち直ることさえできたなら、今からだって恋愛市場で立派に戦えるはずだ。

君が泣き止んで、何度かの女子会と旅行を終えて前を向いたとき、僕は全力で男友達を紹介する。もちろん独身だ。これからさらに増すであろう僕の罪の意識はこうやって消すことにする。でも、早くしないと僕の男友達も高年齢化するからね。

 

ミムラ、閉まりかけの扉に駆け込み乗車してやろう。

行儀悪く列に割り込んでやろう。

ずいぶんと長い間忘れていたトレーニングを始めよう。

シギシと全身筋肉痛になりながらリングに上がろう。

いつか自分にOKを出せるように、がんばろう。

大丈夫、間に合うはずさ。

季節はちょうど春だ。不毛な恋をおわらせるには十分すぎる理由だ。 

 

 

おしまい