別れて10年の元カノから「契約結婚しない?」という最高の連絡が来た

つい先日、2016年に大ヒットしたドラマ「逃げ恥」を見終えました。

ドラマをちゃんと見たのは12年ぶりでした。ドラマを見る習慣がない僕が、一心不乱に、まるで救いを求めるように逃げ恥を見たのです。

 

 

 

 

 

逃げ恥を見た理由は昔の恋人から

「結婚しない?契約結婚

という相談が来たからです。

 

f:id:ui0723:20180611224300j:plain

彼女とは3年くらい付き合った仲です。仕事の都合で遠距離になり最終的には別れを選択しました。

 

別れて10年は経ったでしょうか。

その間、共通の友人の結婚式で3回ほど顔を合わせました。

 

数時間に及んだ彼女との電話&LINEを要約すると

 

「私は今年で31歳になります。あなたと別れて、仕事して、たくさん恋愛もしましたが結婚までは至りませんでした。いい加減に結婚したいのですが、相手がいません。晩婚化しているとはいえ、今から出会って、付き合ってなんやかんややってたら出産するときは多分35歳とかになってしまいます。完全にタイムオーバー。世間がなんと言おうがタイムオーバーなんです。金銭感覚、容姿、価値観、年収、家庭環境など総合的なバランスを考えると、あなたに結婚相手になってほしいと思っています。しかし、私たちの関係は数年前に一度終わっています。今さら楽しい恋愛をいちから始めましょうということではなく、結婚してほしいのです。契約結婚です。更新日と条件を決めて、契約するんです。契約の内容を決めて区役所に行く前に法律事務所に二人で行きましょう。私の記憶が正しければ、私たちが分かれた理由は物理的な距離が一番の原因でした。嫌いになったわけではないと思っています。あなたも同じことを感じてくれると信じていますが、お互い様々な経験体験を通して大人になった今なら、今からなら、夫婦という名のフォロワーとしてとても良い関係が築けると思いませんか?」

 

とのことです。

 f:id:ui0723:20180613140659j:plain※掲載の許可を取ってます

 

お互い自由恋愛は禁止であること、友人への周知はそれぞれが決定権を持つこと、扶養家族には入らないこと、他にも住居のことや子供のこと、親のこと、そしてこの契約は年1回更新されること。

何を聞いても大枠ではありますが契約内容を数分後には提示してきます。

 

連絡が来た際にまず「いいね!」と思ったわけです。

 

彼女なら言いかねない。朝起きたら歯を磨くように、風邪をひいたら薬を飲むように、時期が来たから契約結婚をするのです。いい意味で変り者の彼女のからの提案に大きな驚きはありませんでした。

 

僕は本当に素直に「あり。完全にあり。契約結婚で育む愛。次世代型の愛のカタチ」と感じました。 

同時に驚いたのは元カノからの契約結婚の相談を僕が抵抗なく受け入れたということです。

 

僕が35歳だからでしょうか。

独身バツなし彼女なしだからでしょうか。 

僕が20代なら彼女の提案に対して拒絶していたでしょうか。 

彼女との思い出が良いものばかりだからでしょうか。思い出は都合よく美化されているのでしょうか。

  

すべて正解です。

 

もういいんです。諦めではありません。これは断じて諦めではありません。

運命です。これが運命です。

運命じゃなくても運命という便利な言葉に置き換えます。それで自分が納得しているので何一つ問題ありません。

 

もはや、出会って、連絡先を交換して、デートに誘って、交際して、育んで、結婚し、産み育て、看取られる。この一見当たり前に見える流れが不可能なのです。

35歳の僕と31歳の元カノ。僕らにはそんな体力も気力も時間も残されていないのです。

ずっと楽しんでいたはずの恋愛は30代の半ばになり、結婚を考えるようになった途端に戦争に行くような辛さを伴うようになりました。肌は荒れ、関節は痛み、歯ぐきは腫れ、筋肉痛は遅れてやってくる。それでも恋愛市場に終わりの見えない戦争に行かなければいけない。結婚のために。

「いやいや、そんなんあなたの勝手でしょ」と言われたらその通りです。武器を捨て、もう戦争に行かないという選択肢もあります。でも、多くの30代40代の独身はその選択肢を望んでないはずです。心のどこかではまだ僕のように「なんだかんだで普通に結婚できるぜ」と信じているはずです。女々しくも、根拠のない自信を捨てきれずにいます。一般的に幸せと呼ばれる未来に憧れを抱いています。

 

普通に大人になり普通に働いていれば普通に結婚できると思っていました。しかし、そんな時代はいつの間にか終わっていました。誰にも気付かれないように、ひっそりと物音一つ立てずに終わっていました。

 

そのことに気付くまでずいぶんと長い時間がかかりました。

30代の独身生活は最高に楽しいものでしたが、まるで麻薬のように僕の身体を蝕んでいました。

 

もはや自力では更生不可。 

 

OK、ならばこの殺し合いの螺旋から僕は降りるぞ、たけぞう。 

 

 

「条件の相談をさせてほしいから近々会お」

「OK」

  

僕は彼女と会うのが楽しみです。

数年ぶりに会う元恋人は変わっているでしょうか。

そして、僕と彼女が付き合ってた3年というわずかな時間に築いた「土台」はまだあるのでしょうか。ボロボロになっているかもしれませんが、少なくともゼロからのスタートではないはずです。

雑草だらけの、ぐらぐらの土台に恐る恐る足を乗せてみようと思います。 

ロマンスの神様、今までの不義理をきっと返して見せるぜ。

 

 

というわけで、契約結婚を前向きに考えることにします。

 

 

逃げ恥はとてもすばらしいドラマでした。12年ぶりに見るドラマに僕は夢中になりました。ダンスやガッキーのかわいさや星野源さんの演技が大ヒットの要因と言われていますが、日本中の人が「新しい恋愛の形」に興味を持った、受け入れたということもあるのではないでしょうか。

ドラマのようなハッピーエンドを迎えるのか、現実は厳しいものなのか誰にも分りません。

それでも、この戦争から降りるために、もっと正直に言えばこれ以上疲れないように、焦らないように、傷つかないように、幸せになるために行動しようと思います。

 

 

続報はこのブログにて。

 

 

ちなみに僕が12年前に見た最後のドラマは

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚できない男なんですけどね。

 

 

ありがとうございました

 

おしまい

 

 

追記:続きはこちらから

ui0723.hatenablog.com

 

結婚できない男 DVD-BOX

結婚できない男 DVD-BOX

 

 

一人が好きで悪いか!!