ダイヤモンドは砕けない。恥骨は砕ける。

f:id:ui0723:20171219185457j:plain昨晩、友人から「あなたの元恋人が出産したよ」という知らせを受けました。

結婚5年目、待望の第一子だそうです。

もうずいぶんと前にお別れをした恋人です。

こんなとき、元恋人としては(特に男性は)「こんな時、どんな顔すればいいのかわかんないの」って感じになると思うんですけど、僕は心の底から安心しました。

ずっと喉の奥に刺さったままだったトゲが、スルリと抜けたような、そんな気持ちになりました。

 

2回、あります。

恋人を骨折させてしまったことが。

恋人の恥骨を骨折させてしまったことが2回、あるのです。

 

1回目は高校2年生でした。

学校から駅まで自転車の2人乗りをしていました(しちゃだめですよ)。僕が自転車をこいで、彼女が後ろ。

なんか、あるじゃないですか。よく分からないノリでキャッキャとじゃれあうこと。

ありましたよね?

脇腹とかをコチョコチョされたりして。

「やめろよ」

「やめない」

「あはは」

「うふふ」

みたいな。

みんなあんまり言わないけど、ありますよね?こんなノリになること。

無かったですか?いやあったはずです。

 

そのとき、あまりにもニャンニャンしすぎて運転がおろそかになったんですよね。

気付いたら目の前のガードレールに衝突。

当時、ゴリッゴリの運動部で屈強なフィジカルを持っていた僕は無傷だったんですけど、彼女が骨折しました。

恥骨を。

衝突の衝撃で座っていた自転車の荷台で大きくバウンドしたようです。恥骨を。

 

自転車の2人乗りする時(しちゃだめですよ)後ろの女子の座り方ってサイドに両足を揃えて座るパターン(横座り?)か荷台にがっつりまたがって座るパターンがあるじゃないですか。後者の座り方だったんですよね。

 

 

2回目は25歳くらいでした。

1人目とはすでに別れ、別の彼女です。

確かクリスマス前の寒い日でした。部屋でDVDを観ていました。アイアムレジェンドだった気がします。

映画館で一回観た映画だったので、何となく映画に集中できなくて、本当にウィルスミスには申し訳ないんですけど、なんか、あるじゃないですか?

DVDとかそっちのけで恋人とにゃんにゃんすること。

悪ふざけでくすぐりあったりすることあるじゃないですか?

「やめろニャンくすぐったいニャン」

「やめないニャン」

「あははニャン」

「うふふニャン」

みたいな。

それで、僕は本当に脇を触られるのが人一倍苦手で、でもガッツリ脇を執拗に攻撃されて、身を守る僕の頭が彼女の恥骨に強打したのです。

 

尋常ではない痛がり方にすぐ病院直行。

 

病室のベッドで横たわる彼女。医師から言い渡される「恥骨骨折」の診断。

 

その時、良くないのが、

「恥骨?また?また恥骨なの?!」って言っちゃったんですよね、僕。

 

「また」はまずかったですよね。

だって、その子にしてみれば初の恥骨骨折。

きっと寂しい想いをさせてしまいました。自分は初めて来た場所なのに実は恋人は元恋人と来たことがあった的な。

 

その後、病院にかけ付けた彼女のお義父さんと

お義父さん「君かね、娘の恥骨を折ったのは」

僕「はい」

お義父さん「どうやって折ったのか説明できるのかね?」

僕「あの、頭で…」

お義父さん「頭?!頭??!!」

という最悪の初対面があったりしながらも、僕はずっとおびえていました。

 

お義父さんが言った「娘が将来出産できなくなったらどうするんだ」の言葉に。

 

医者が「完治すれば出産にはまったく影響ないですよ」と言ったことももちろん覚えているのですが、街中や本、ネットで「恥骨」という文字を見るたびに、僕の心に刺さったままのトゲがチクチクと痛めつけていたのです。もう10年間も。

 

それがようやく無くなったのです。この年の瀬に。

 

ふと、思いました。

 

何か、ないでしょうか?

まだやっていないことが、

やり残していることが、

やらなくちゃいけなかったことが。

 

抜いてないトゲがあるんじゃないでしょうか。

 

今年の年初、色々は抱負を抱いていた自分には本当に申し訳ないんですけど、去年と同じような今年が終わろうとしています。

今日が終われば今年もあと12日。残りたったの約3%だそうです。

 

大丈夫。携帯の充電、3%あればまあまあ使える。

 

今からでも何かを始められるはず。何かを終わらせることができるはず。

「はじめるのが遅すぎたな」の後悔は「結局何もやらなかったな」の100倍ましなはず。

 

何年か先に2017年を振り返った時に「2017年は年末にあれを始めた年!」と即答できるように。

今年が終わる瞬間、自分にOKを出せるように。

 

 

そんなことを恥骨の知らせから考えた35歳独身彼女無しの夜でした。

 

ありがとうございました

おしまい